こんにちは、2年目隊員の河内です。月に1度、「夜BAR」なる怪しい寄り合いを開催しています。写真左が河内です。

10629670_722129201194914_3156326657873812416_n

単なる飲み会にしか見えないこの「夜BAR」。元々は、安芸太田町在住の「安芸太田町のために何かしたい」という人たちが集う「交流の場」としてスタートしました。

ところが最近は、町外在住の「安芸太田町で暮らしたい、帰りたい、帰ろうか悩んでいる」という人にも参加をオススメしています。

 

町外在住者に夜BARへの参加をオススメする理由

夜BARに参加すると、実際に安芸太田町で暮らす人の話を聞けます

しかも、安芸太田町へ行きついたルートは人それぞれ。ずっと安芸太田町、Uターン、Iターン/起業、転職、跡継ぎ、結婚/社長、農家、職人、学生などなど、1人として同じ境遇の人はいません。

そんな人たちとの交流を通し、自分らしく安芸太田町で暮らすイメージを具体化していただくこと。いつか安芸太田町で暮らしたい人の「第一歩」を後押しすること。夜BARにはそれが可能です。

1455854_724900407584460_8207264925336739178_n

もう一つ重要なのは、夜BARに参加すれば、あなたはもう1人じゃありません

安芸太田町で暮らす準備は簡単ではなく、まして1人でやるものでもありません。

「食べていける仕事があるの?」

「どんな場所に住めるかな」

「気の合う仲間ができればいいけど」

暮らす場所を変えるときは、いろいろなことが不安に思えたり、心配になったりします。その不安を取り除くためにはたくさんの情報が必要ですし、1人で収集できる情報量には限界があります。自分にとって必要な情報に出会えればいいですが、出会えずに「やっぱり安芸太田町で暮らすのは諦めよう」となってしまってはもったいない。

夜BARに参加してもらえれば、たくさんの参加者と一緒に考えられるので、1人のときより答えが見つけやすくなります。

それに、自分の想いを伝えたり、他の人と意見を共有することで、想いが整理されたり、刺激を受けることができます。口に出して初めて、自分の想いに気付くパターンのやつです。

IMG_0126

夜BARは、今まで知らなかった「ひと・もの・こと」との出会いを通し、安芸太田町の新たな一面を発見する大チャンス。あなたもぜひ夜BARに参加して、安芸太田町で暮らす第一歩を踏み出しましょう!

(随時facebookで募集をかけています)

 

The following two tabs change content below.
Yuma Kawachi

Yuma Kawachi

商店街の空き店舗(3階建)に住んでいる。安芸太田町での活動テーマは「まず自分がバットを振ろう」。
Tagged on:                     
  • ほぼほぼのひと

    通りがかりに撮った写真です。
    どこの山かわかるぅ~

  • Yuma Kawachi

    どこでしょ~?五輪山ですか?