あけましておめでとうございます。情報発信担当の今田です。
今年も安芸太田町の魅力を多くの方にお届け出来るよう、頑張ってまいります!

さて、2015年初の投稿は3回に分けて「平成27年度安芸太田町地域おこし協力隊」で募集している各事業の「ここが面白い!」というポイントを、隊員今田の視点から紹介したいと思います。

【vol.2はこちら
【vol.3はこちら

協力隊募集バナー

◆安芸太田ファンクラブ設立等支援事業

b783d3b5e43750e66408d7022f8799fb_s
【活動内容】
- 安芸太田ファンクラブ(三大都市圏等)の設立準備・設立後の運営支援
- 安芸太田ファンクラブFacebookページの作成及び更新
- ふるさと納税促進・特産品企画に関する業務
- 安芸太田町への移住・定住促進活動
【背景】
- 各種メディアや、SNSなどで取り上げられる機会が増え、認知が広がりつつある
- 町としても、公式SNSの運用を開始するなど、ファン獲得へ力を注ぎ始めた
【ここが面白い!】
ichioshi
- 認知拡大から、いかにして人やお金の動きに繋げられるかという、壮大なミッションを行政のフィールドで担うことができる

◆市街地活性化支援事業

IMG_3564
【活動内容】
- 商店街利用可能空き店舗の発掘及び活用に向けた企画立案
- 空き店舗利用希望者と利用可能空き店舗のマッチング
- 商店街を含む市街地活性化策の企画立案
【背景】
- 河内隊員による、寄り合いの場「夜Bar」の開催や、Ustream放送「安芸太田ラジオ化計画」の撮影などを通して、商店街に新しい風が吹きつつある
- U・Iターンで、お店を始める人も増え、少しずつ活気を取り戻している
【ここが面白い!】
ichioshi
- 商店街内で、実際に営業している店舗は少ないため、全体でのコーディネートも十分可能だと思われる
- 「市街地活性化」のプランを実際に住んでいる人と一緒になって考えていけるのも一つの魅力

◆森林・林業・木材産業活性化支援事業

IMG_7693
【活動内容】
- 将来的な安芸太田町の林業関連の従事に向けた活動
 ・ 目的の達成に必要な技術、資格の習得、研修の受講
 ・ 安定的な木材生産体制の構築支援
 ・ 森林資源の循環利用の促進
 ・ 林地残材を活用した新たな資源循環システムの構築・支援
 ・ 情報発信に関する活動
【背景】
- 人手不足から町内の多くの森林が整備されていない状態
- 町内の宿泊施設「いこいの村ひろしま」に「バイオマスボイラー」が導入されるなど、森林資源活用の流れが生まれつつある
【ここが面白い!】
ichioshi
- まさに田舎(山間部)の特徴を最大限に活かした事業
- ポテンシャルが未知数な分、発想の転換で、町の財政改善や新規雇用創出などに繋げられる可能性がありそう

いかがでしたか?まだまだ魅力的な事業が盛りだくさんの協力隊員募集!
次回もお楽しみに~!

The following two tabs change content below.
Shota Imada

Shota Imada

慶應義塾大学理工学部卒業後、大手通信事業会社にエンジニア職で入社。サービス企画に携わりたいという思いから、ベンチャーへ転職。2014年4月から安芸太田町地域おこし協力隊として、主にWebを使った情報発信を担当。 意外にもポケモンが大好きで、総プレイ時間は1000時間を超えるとか...