こんにちは。情報発信担当の今田です。
安芸太田町ではまだまだ寒い日が続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回も「平成27年度安芸太田町地域おこし協力隊」で募集している各事業の「ここが面白い!」というポイントを隊員今田の視点からお送りしたいと思います。

【vol.1はこちら
【vol.3はこちら

協力隊募集バナー

◆森林セラピー支援事業

IMG_4023
【活動内容】
- 企業向け森林セラピーメニューの開発及びプロモーション
- 個人向け森林セラピーメニューの開発
- 里山ガイド(町独自のガイド資格)の育成・支援
- 森林セラピー事業運営全般
【背景】
- 広島県で初めて森林セラピー基地に認定され、イベントの開催など町としても力を入れている事業
- 広島大学との共同研究で、森林セラピーが持つ独自の医科学的な効果が検証された
【ここが面白い!】
ichioshi
- 「医科学的な効果」の見せ方、活かし方で、多くの顧客を呼びこむチャンスがありそう
- 事業全体として(採算性、新規顧客開拓など)、まだまだ改善、発展させる余地がありそう

◆総合型地域スポーツクラブ設立・運営支援事業

IMG_6624
【活動内容】
- 総合型地域スポーツクラブの設立準備
- 総合型地域スポーツクラブ設立後の運営支援
- 総合型地域スポーツクラブの指導員
- 高齢者、子どもを対象としたスポーツ教室の指導
- 地域のスポーツ振興
【背景】
- 「健康の町宣言」を始め、町民の「健康」を考えた取り組みが積極的に行われつつある
- 運動クラブや、月例ウォーキングを通して積極的に運動をしようと心がけている人も多い
【ここが面白い!】
ichioshi
- 健康に欠かせない「運動」のコーディネートを通して、町民全体の健康促進に貢献できそう
- 今後、日本全体で課題になるであろう「高齢者の健康維持」において、先進になれるチャンスがありそう

◆インバウンド推進事業

08e23b55a0048a8e6b342f572998903a_s
【活動内容】
- 東南アジア及びヨーロッパ向けの旅行商品の造成とプロモーション
- 近隣地域との連携による広域プロモーション
- 広島大学を中心としたMICEセールス、受注、引き受け
- 外国メディアの招へい企画
- アジア系をターゲットとした日本最南端の豪雪地帯ブランドのスノー体験商品開発及びプロモーション
- 来町する欧米系富裕層外国人の接遇、町内案内
- 教育旅行で訪日する外国人団体のコーディネイト、接遇、町内案内
- 外国人おもてなし隊の運営
- 外国語WEBサービスのコーディネイト
【背景】
- 外国人誘致の取り組みに対して、TVや新聞など各種メディアからの注目度が高まっている
- 欧米系富裕層外国人の来町が始まり、来年度では200余名の来町が決定している
【ここが面白い!】
ichioshi
- 「富裕層」をターゲットにした場合のプロモーションや受け入れ体制など、一般の顧客とは違った視点でインバウンドを考える機会がありそう
- 受け入れ側の壁(言語、慣習など)をどう乗り越えるのかといった、町全体の課題解決を担えるチャンスがありそう

みなさん、気になる事業はありましたか?
次回が最終回です。お楽しみに〜!

The following two tabs change content below.
Shota Imada

Shota Imada

慶應義塾大学理工学部卒業後、大手通信事業会社にエンジニア職で入社。サービス企画に携わりたいという思いから、ベンチャーへ転職。2014年4月から安芸太田町地域おこし協力隊として、主にWebを使った情報発信を担当。 意外にもポケモンが大好きで、総プレイ時間は1000時間を超えるとか...