こんにちは!協力隊情報発信担当の今田です。
5月も半月が経過しました。4月から新しくスタートを切った方、そろそろ新生活にも慣れましたか?

4月から安芸太田町に引っ越してきた隊員今田も田舎生活に慣れ、最近では町内外いろいろなところを散策しております。

そんな私の最近の愛読書が、三段峡が発見され世の中に広まっていくまでを綴った「峡友」です。

IMG_3480

なぜ「斎藤露翠」と「熊南峰」が三段峡に魅了され人生の全てをかけたのか?「三段峡」という名前の由来は?など、この一冊で三段峡の全てを知ることができます!

そんな愛読書をいつも通り読んでいると、ふと一つの疑問が…

あれっ、三段峡には行ったことがあるのに、この5つ1つも行ったことがないぞ…

よし、いつ行くか?「今日でしょ!」

ということで、早速三段滝を目指して「三段峡水梨口」にやってきました(三段滝を見たい方は正面口より、こちらの入り口がおすすめです)。

山を切り分け…

進むこと20分…

ついに…

3段が連なっている様子と水の勢いは、言葉で表せないほどの圧巻でした!
三段峡にいらっしゃった方には是非見ていただきたいですね〜

ちなみに、残りの4つは現在、道路の工事などで見ることができませんでした…残念
早く復旧しないかな〜

さて、この記事をみて「三段滝」に行ってみたくなった方、道中自動販売機などの水分補給ができる場所がない+険しい道もあるので、十分な水分を持って動きやすい服装でいらしてくださいね。

それでは、次回もお楽しみに!

※注 三段滝までの道でロープを使う必要はございませんので、ご安心ください
※画像引用 「峡友〜三段峡開発秘話〜 安芸太田町発行 p64,97」
 戸河内IC出てすぐの、道の駅「来夢」などで絶賛発売中です!

The following two tabs change content below.
Shota Imada

Shota Imada

慶應義塾大学理工学部卒業後、大手通信事業会社にエンジニア職で入社。サービス企画に携わりたいという思いから、ベンチャーへ転職。2014年4月から安芸太田町地域おこし協力隊として、主にWebを使った情報発信を担当。 意外にもポケモンが大好きで、総プレイ時間は1000時間を超えるとか...
Tagged on: